盛り・ナチュラルもOK!ウィッグで遊ぼう。

みんなつけまやカラコンをふつーに愛用しているように、
ウィッグだってジョーシキな感じだよね。
美咲もお店以外にプライベートでもウィッグやってます。
ウィッグやるならコスプレの一部として地毛ではありえないような
盛り方でいくか、逆にナチュラルな感じでいくか、
両極端がいいと思う。

たとえばコレとか、帽子や頭にスカーフ巻いてもカワイイと思う。



上品OLっぽかったり、カエラちゃんぽくキメるのもアリかな↓


前髪専用のウィッグもあるよ!
前髪って大事だけど、なかなか決まんないから便利だよね!!


さて、今日はどのウィッグで出かけようかな。
女の子で良かった。
posted by 美咲 at 14:30 | キャバ嬢の必須アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャバクラでモテる方法

このブログをご覧の方のなかに、
キャバクラが大好きな男性、そして、
なんとかしてキャバ嬢を落としたいとお思いの方が
いらっしゃるかもしれませんので、
今日は美咲からとっておきの情報をお教えします。

キャバクラでモテる方法。
ハイ、それは簡単です。
お金をたっくさん持ってればモテます。

……ハイハイ、怒らない、怒らない。
まあ、これは当然ですね。
キャバクラはお金があれば誰でもモテるんですよ。
それ言っちゃモトもコもないっていう話ですよね。

で、ここからがモテる本当の方法。
キャバクラに限らず、女子にモテる方法です。
唐突ですが、みなさんはハチミツ二郎ってご存知ですか?
東京ダイナマイトっていうコンビの片方、芸人さんです。
彼の元カノはAV女優蒼井そら(かわいいよね〜)
そして妻は、元メロン記念日の斉藤瞳ちゃん。
めちゃくちゃもてるんですよ。
で、そのハチミツ二郎さんはこんな方です↓
東京ダイナマイト 漫才ふたり旅(DVD) ◆20%OFF!

東京ダイナマイト 漫才ふたり旅(DVD) ◆20%OFF!
価格:3,192円(税込、送料別)



右側の金髪ブタ野郎です。(失礼)

それからみなさんは、藤井フミヤって人ご存知ですよね?
美咲はチェッカーズをリアルタイムで知らないので、
「元アイドルのちっちゃいオジサン」としか思ってなかったんですよ。
それが一度お目にかかる機会がありまして。
身長は160くらいで想像より低かったんですけど、
モテオーラがハンパなかったんですよ〜。
オーラ?フェロモン?とにかくムンムンとしてました。



ハチミツ二郎と藤井フミヤ。この二人の共通点ってわかりますか?
芸能人?いやいや、ちがいますって。

二人の共通点、それは……「自信」です。

とにかく自分に自信がある。
ハチミツさんはお笑い、フミヤさんは音楽。
その自信がモテオーラになってるんですよ。

根拠のない自信じゃダメなんです。それじゃただの勘違い。
何かひとつでいいの。仕事でも趣味でもいいから誇れるものを。

自信の一番は、容姿じゃないほうがいいな。
そりゃカッコいいに越したことはないんだけど、
「キレイ」や「美」は女の仕事だから、そこは取らないで欲しい。

自信がある男はモテる!!自信は日々の努力から!!
頑張ってる男が女は好きなんです。
posted by 美咲 at 14:28 | キャバクラ裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男がキャバ嬢をガールズバーに誘った理由

美咲がなぜガールズバーに行ったかっていうと、
男友達の「キャバクラよりガールズバーがいい」という一言から。
視察っていうの?じゃあ見せてもらうわよ的な。
ガールズバーは日常の延長で、気軽に合コンのノリが楽しめるのが
いいんでしょう。
キャバクラは非日常で、華やかな嬢がおもてなしをする場所。
サービスの質がぜんぜん違うと思う。
働いている女の子だって、ぶあついカウンターに守られている
ガールズバーとちがってキャバ嬢はお客さんとサシの状態だから、
本気度っていうか…気持ちがぜんぜん違うと思うの。
どちらがいいかは、お客さんが決めることだから。

で、美咲をガールズバーに誘った男友達の目的は、はじめからわかってた。
ガールズバーの女の子をなんとかモノにしたいっていう相談。
店に入ってひとめでわかったもん、男友達のお目当ての彼女。
高島彩を3ランク落としたような女の子、モロ奴の好みだったもん。
「彼女、俺のこと、どう思ってると思う?」
そう聞かれてもね…水商売の笑顔は営業だからさ。
奴は私が以前客とつきあってたことも知っているから、
「どうやって落とされたん?くどかれたん?」って、しつこい。
私にとっては思い出したくない過去なのに。
水商売の女にハマるのは、男修行のワンステップ。
若くて金がない男には、そもそも無理なんだって。
…そんなことを思いだから口にはせず、駅前のマックで
彼の「やりてーよー」な話を聞いてあげた優しい美咲でした。

オチのない話につきあってくださり、ありがとうございました(ペコリ)。
posted by 美咲 at 14:27 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント


RSSサイト一覧



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。