ブログ村キャバ嬢日記ランキング最高3位ありがとう!

今週、ブログ村でのキャバ嬢・ホステス日記の
最高ランキングが3位になりました。
(現在は4位です)
本当にありがとうございました。

お仕事の前やお仕事が終わった後に美咲のブログを読んでくださる方、
このブログをブックマークしてくださっている方、
ウィッグやつけま、コスプレなどの検索ワードでお越しの方、
キャバクラやキャバ嬢をこよなく愛されている方々、

みなさん、ほんとうにありがとうございます!!

ブログ村に登録されている方は、本当に凄い方々ばかりで、
特に上位のブログは、私も読んで勉強させてもらっています。
私のようなヘタレなキャバ嬢が3位だなんて、恐れ多い…。

特にためになるような話もないブログですが、
これからも遊びにきていただけたらうれしいです。

「美咲の女子力アップ」にご指名をよろしくお願いします。
posted by 美咲 at 14:32 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男がキャバ嬢をガールズバーに誘った理由

美咲がなぜガールズバーに行ったかっていうと、
男友達の「キャバクラよりガールズバーがいい」という一言から。
視察っていうの?じゃあ見せてもらうわよ的な。
ガールズバーは日常の延長で、気軽に合コンのノリが楽しめるのが
いいんでしょう。
キャバクラは非日常で、華やかな嬢がおもてなしをする場所。
サービスの質がぜんぜん違うと思う。
働いている女の子だって、ぶあついカウンターに守られている
ガールズバーとちがってキャバ嬢はお客さんとサシの状態だから、
本気度っていうか…気持ちがぜんぜん違うと思うの。
どちらがいいかは、お客さんが決めることだから。

で、美咲をガールズバーに誘った男友達の目的は、はじめからわかってた。
ガールズバーの女の子をなんとかモノにしたいっていう相談。
店に入ってひとめでわかったもん、男友達のお目当ての彼女。
高島彩を3ランク落としたような女の子、モロ奴の好みだったもん。
「彼女、俺のこと、どう思ってると思う?」
そう聞かれてもね…水商売の笑顔は営業だからさ。
奴は私が以前客とつきあってたことも知っているから、
「どうやって落とされたん?くどかれたん?」って、しつこい。
私にとっては思い出したくない過去なのに。
水商売の女にハマるのは、男修行のワンステップ。
若くて金がない男には、そもそも無理なんだって。
…そんなことを思いだから口にはせず、駅前のマックで
彼の「やりてーよー」な話を聞いてあげた優しい美咲でした。

オチのない話につきあってくださり、ありがとうございました(ペコリ)。
posted by 美咲 at 14:27 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャバ嬢VSガールズバーの女

男友達となぜかガールズバーへ行き、
カウンターに並んだ女の子たちを品定めすると、
一人だけ私の目を奪う女の子がいた。
大きな猫目だけれど、上品でさわやかな美人顔。
女優で言えば北川景子みたいな女の子がそこにいた。



このガールズバーはレベルが高いのではなく、
この子がレベルを底上げしているんだとわかった。
…でもさ、なんであなたこんな所にいるの?
あなただったら高級クラブで稼げるのに。
私は心のなかでつぶやきながら、その子を
見ないふりして見続けていた。
すると目の前にその美人とはまったくちがう
色白ぽっちゃりの女の子が来て注文をとり始めた。
「なんにしますかぁ?美由紀サラダとかどうですかあ。
美由紀がレタスの上にのってくるの〜きゃはっ」
「???????」
なっなんだあーーーこのぬるい接客トークわああああ。
大体アンタが美由紀って名前だって、今知ったってーの!!
「そうね、じゃあ、美由紀の串刺しもらおうかしら」
なんてことは言えず、半笑い。隣の男友達を見ると、
「それじゃあ、美由紀ちゃんの女体盛りもらおうかああ」
って、オヤジかってーーーの!!
生ビールと適当なつまみを頼んで、しらけていると、
美由紀が隣の客に接客トークをはじめた。
「美由紀ピザとかどうですかあ〜。美由紀がチーズの上に
のっかってるの〜きゃはっ」

すみません…この話もうちょっと続きます…。
posted by 美咲 at 14:10 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント


RSSサイト一覧



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。